2019年3月3日 ヤフーブログより引っ越し


2019/1/8(火)午前1:06


ども、新年第1作…いかがでしたでしょうか?
シリーズとしては2作目になるんですけどね(笑)

と、普通ならここでシリーズ物が続く…と言うのが定石なんでしょうが、そこは…既にご存知の方は承知の通り、かなりの「天邪鬼」な私でありますので、のめのめとこのまま…なんて事はしません。

引っ張って引っ張って…次の物語を欲する人の気分を煽るだけ煽って…ヤラない!(と言う手もある)

と別に変に出し惜しみをしている訳ではないのですが、あるじゃないですか…同じようなシリーズが続くとちょっと「お茶漬け的」な何かを欲する…みたいな(笑)

「白と黒」シリーズが「ステーキ」だと言っている訳ではないですよ?
ただ、先日から始まっている今回の特集「白と黒」…既に第2話?(と言うのか?)まで上奏されておりますので、更に物語は続くと訪問者の方は予測されていることと思います。
なので、ちょっと一服!?(笑)的な感じで今回は「偽善者の主張」を少々(笑)

改めましてどうもです!
正月休みも早々と終り、またいつもの日常が戻ってきて全然ヤル気のない

「偽物」の京都橘ファン(もどき)+「負け犬」です。

しかし、この「偽物」表記…確か昨年の夏頃から使いだしたんですが、あるコメント主の批判コメントの投稿から始まったんですけどね。

昨年2月中旬に開設し、母校ネタを元として運営し始めた当ブログですが、その途上「京都橘高等学校吹奏楽部」の魅力に憑りつかれ、その記事を掲載し始めていくうちに他のファンの目に留まり、ハッシュタグ、他のサイト等でのご紹介などを賜り今日の状態を迎えている訳ですが、そんな夏も終わろうかとしたとある日…ひとつのコメントが投稿されました。
内容についてはかなりの「批判コメント」でしたが…
その方曰く、「間違いがたくさんある」と言う指摘と、当方のこのようなブログ形式・運営方針その他(多分記載内容の誤りなども含め)は…「本当の」京都橘ファンから「嫌われる」と「断言」されるような内容でした。

まあ、「間違いがたくさんある」と言う点は、先回記事「 」の冒頭でも述べた通りで、地方のおっさんのたわごとブログ…しかもあくまでも「にわか」で、更に1人でチマチマと調べて記述して…と言った稚拙なブログです、そこかしこに誤り・思い違いなどの部分はあるでしょう。
ただ、当方としても可能な限り「正確」な情報掲載を心がけているつもりですし、そうした間違った内容があった場合についても、気付き次第逐次訂正などの処置を施しております。

が!その方の主張は
1 掲載記事の内容(多分)に「間違いがたくさんある」(だからそれは何処?)
2 「本当の」橘ファンからみたら「嫌われる」(どんなところが?)
3 少し前の自分だからやめて欲しい(お前なんか知るかよ!) 

とまあ、こんな主張でした。かなり一方的な言い分だなと思いました。
1の「間違いがある」って言うのは、私自身も恐らくあるんだろう…と言う気はもちろんあるんですが、ではそうやって赤の他人にわざわざ言ってくるからには、じゃあ具体的にどこの部分なのさ?ってところですよね。
ところがその訂正箇所などの指摘は一切明かさないのです。
ただ「間違いがたくさんある」…と言うのみ。
随分と勝手な言い分だなぁ~?と。

それに3ですが、

「あなたを見ていると少し前の自分です、だからやめてください」…だそうです!

ぶっちゃけ言いますが…お前誰やねん!!(何故か関西弁)
お前の事なんて知らねーっつーの!
少し前の自分って言われたってさー…知るかよ!。
じゃあ、具体的に「少し前のお前」ってどんなだったんだよ。
そこまで偉そうに言うなら、ちゃんとしっかり「自己紹介」しろよ!って。
そういう事ですよね。

で、一番問題だった(ムカついた)のが2です。

「本当」のファン

これ…完全に「上から目線」ですよね?

裏を返せば「お前みたいな「偽物」があれやこれやと…だから本当の…」と言う事なんですよね?
はなっから見下したその発言。

つまり「本当の…」(本物の)とこちらに対してそう言ってる時点で、こちらはそれ以外のモノと言う認識で見ているって事です。
じゃあ…「本当・本物」以外のものって…「偽物」しかないですよね?(笑)
しかし、、一体何をもって「本当」とか「嘘・偽物」、つまり真贋を判別するんですしょう??
偉そうにご高説ぶるなら是非その点(真贋の見分け方その他)の詳細なり根拠を明確に示して欲しいものです。
「本当の」…なんて、そんな軽々しく言っちゃっていい台詞だったんですかね?

と、こんないきさつがあって、いわゆる自称「本当(本物)のファン」を名乗る輩に因縁つけられたので、売られた喧嘩を買った次第であります(笑)
なので、それ以来私は正々堂々と立派な?「偽物」として活動しております。

大体、ファンなんてその立ち位置や思い入れなど、各人各様なのが普通です。
以前にも言いましたが、1万人のファンが居れば1万通りの思い入れ・考え方・価値観が存在します。
何をもって「本物」として、また何が「偽物」なのか…そしてそれを一体どこの?誰が?どうやって判定するんだ?…って事ですよ。

その後何度か応酬があって、しばらく音沙汰無しで騒ぎは収まったと思ってたら、ふいに「私の真意を知ってほしいだけ…」とか「私の誤解ならあやまりますから「偽物」を名乗るのはやめてくれ」…的なコメントがきたんです。

「おいおい?ちょっと待てよ!てめー人様に喧嘩売っといて、分が悪くなったら謝ります?なんじゃそれ!?」

ってなもんですよ。

でもね?「私の誤解なら…」としか言ってませんよね?
じゃあ、いったい私の何を?どう?誤解して、今はそれがどうなって、どう謝りたいのか…を、ちゃんと説明してもらわないと合点がいかないですね。

言ってきた時も一方的なら、引くときも一方的…どうしようもなく「身勝手極まりない」事この上ないですわ。いるんだなぁ~こんな奴が世の中に…。

どうやら京都橘の内部の事情通と知り合い?または自身が内部の人間か?真相は定かではないですが、その後も(と言うかそれ以前も)どこかの掲示板などでも相変わらず大所・高所からのモノの言いようぶりは変わらずで(笑)
「〇〇〇は良いと思います」「〇〇は〇〇です。」など…なんでお前が判定できるんだよ?みたいな(笑)

まあ、さすが「本当の…」ですからねぇ~!(笑)

「橘ファンは仲間です」などと抜かしておりましたが、私…ファンは仲間…とは思っておりません。ただの「同好の志」と言うだけです。

悪意を持って言っているわけではありません。

それぞれが自分の責任において、思うところに従って「応援」すればいいだけの事です、それに…即人にすがって追従するって言うのは如何なものか?と「私」は思ってます。
なのでよく目にする「迎合」するっていうのを私は好みません。
ですが、共通の話題を基にあれこれ語り合うと言う事を否定している訳ではありません。酒の肴…ではないですが、橘談義に花を咲かすと言うのはとても楽しいと思います。
ただ、人間が複数集まりだすと…よくありがちなのが「徒党」を組みたがるんですよ…人って。
徒党を組むと…自由じゃなくなるってわからないんですかね?
だから、私は当ブログへコメントして下さる方々に対して、私自身は「ブログ主」と言う立場ではありますが、お互い「自由」に、そして「対等」であり、それぞれの立場・思い入れを持って、「独立」した自分なりの応援してあげてください…と申し上げています。

共通の…何かの宗教のような(教祖様のいるような)応援になってしまっては本末転倒です。

このブログのこの方式は「独立」した私の私なりの「応援」のやり方なのです。
なので、こんなやり方に賛同して下さる方、好感を持って下さる方、声援を送ってくださる方…色々おられます。
もちろん批判する人も居れば、苦々しく思っている方も当然おられることでしょう。

もしかしたら、今後自身でブログを起ち上げようと思っている人がいて、当ブログを参考にするような人もいるかもしれません(そんな酔狂な)
参考どころか、瓜二つ!そっくりそのまま同じじゃないかぁ~!…みたいなのも出てくるかもしれませんが(限りなくあり得ないですが)それはそれで、「独立」したその人が考えてやってることでしょうから。
仮にそんなのが出てきたとしても「パクリだ!」とか「許可を取ったのか!?」とか、「京都橘を応援してるけど、これは無いわぁ~」…なんて原理主義者のようなことは言いませんよ?(笑)

ただ…画像コメはパクらないでね!?(笑)
しっかり自分で考えて画像に挿入してください。

ファンに上も下もなく、また「本当(本物)」も…本来「偽物」もないはずなのです。

と、年頭からわざわざ記事にまで起こして、こんな変なヤツの話題を取り上げましたが、当ブログも掲載2年目に突入って事で、来月にはなんと「祝・1周年」となります。
全く光陰矢の如しって感じですが、一年ですかぁ~…いやいや年取ると本当に早いっすね!?一日が永遠のように感じた我が母校「成徳小学校」の頃が懐かしい。

2年目突入記念って事で、昨年(初年度)の出来事(ブログ内)の中で特に強烈な印象を残した「彼」に対する「敵愾心」を忘れてはならぬ!!と思い、改めて記事に起こした次第です。

ぜーんぜん、関係ない人にはおもしろくもなんともない話ですよね?(笑)
すんません!!

さて、前置きが(ここまでが前置きなのか?)…嘘です、今回はほぼ本編です。
グダグダとあれこれ言い連ねておりますが、

今回のテーマは「偽善者」(の主張)

あっ!「原理主義者」とはまた違いますからね!(爆)

「偽善者」ですかぁ~…いますよねぇ~世の中には沢山。

そう言えば昭和の人間には聞きなれた

「青年の主張」と言う番組

全然知らなかったんですが、随分と昔に終了していたんですね?
私が若い頃なんてこれ以上はないくらい「偽善」「綺麗ごと」だらけの番組だと超色眼鏡でみていましたが。

まあ、世の中私のような心の汚れ切ったヤツばかりではなく、絵に描いたような「清廉潔白」な青少年(もちろん大人の中にも)がいるんですよねぇ~。
絶対友達にはなれないだろうと思う今日この頃…と言うかずっと昔から。

まあ、京都橘ファン界にもたまーに出没しますけどね?
純粋まっすぐ・清廉潔白君(さん)が。

普段チンピラな私はバッサバッサとそんな京都橘界に巣食う魔物(魔物なのか?)達を切りまくっています(つもり)が、偽善者なども同様にバッサリと…。

綺麗ごとは大嫌いなので!

などと言ってる私でありましたが…
なんと!!わたくし…この世に生を受けて既に50余年…

あれだけ綺麗ごとは嫌いだの、恥を知れ!…など言いたい放題でしたが…

そんな私が…とうとう「偽善者」の称号まで手に入れてしまいました。
寄付集成2
いや~!やっちゃいました!!「寄付」(爆)

こんな心がねじ曲がった&汚れ切った私が…
京都橘高等学校吹奏楽部に…「寄付」…きふ~?

そう「寄付」ですよ!皆さん。

それがね…なんだかんだと言いつつやってみると…

「超気持ちいい」んです!

上手く説明できないんですが、定演チケットをダフ屋の野郎どもから大枚はたいて購入するような銭があるなら彼女(彼)らの為にその銭を寄付したほうが、余程「世の為・人の為」だわ!…と。
使用詳細がわかるわけではないのですが、それでも心の中で「きっと、あのオンボロバリトンサックスのネジの1本くらいにはなるかもしれない」と言う妄想が出来るだけでもなんとも気持ちいい。
実際、彼女(彼)らの為に私は「銭」を出したぞぉ~!!っと声を大にして言えるんです。

いやいや、これは…これ以上はない「偽善者」っぷりですね!
まさに「偽善者!」…VIVA「偽善者」っす。

くだらない事に口出してる暇があるなら、「金」出しな!!
よっぽど彼女(彼)らの為になるってもんでっせ。

あぁ…銭寄付したもの「のみ」が言えるこの「偽善者」のセリフ!!(笑)

うん、気持ちいいから来年度も寄付しちゃおーっと。
皆さん、各クラブ活動(部)個別の寄付も出来まっせ!
¥3.000からですけど。

全国の京都橘ファンのオッサン(特に老人)たち
まあ、普段見向きもされずに、金が欲しい・都合の良い時だけ寄ってくる…そんな不埒な子・孫に無駄な銭をくれてやるくらいなら、いっそのこと寄付でもして「あのオンボロバリトンサックス」を皆でピカピカの新品にしてあげるってのも選択肢の一つとしては有りかも?。

あのネジ1本が!あの穴を押さえる蓋?が「きっとワシが寄付した金で…」と思えるだけちょこっとだけど実際に本当の京都橘高等学校吹奏楽部の彼女(彼)達と距離が近くなりまっせ!!(と思う・推測です)

いやいや、浪速の商人か?立派な詐欺師か?と見紛うばかりのセリフのオンパレードになってしまった。

まあ、実際はそんなものには一切ならずに、彼女(彼)らが普段練習などで使う五線紙のコピー代とか?夏場の合宿の「お茶」とか?そんな実際には公演での演奏・演技に直接直結するような使われ方ではないかもしれません。

でも、実際「寄付」してみて思った事は…

人生たまには「偽善者」になってみるのも…意外と気持ちいいかも?(笑)です。

まあ、「偽物」が銭出してんだから、当然「本当」の京都橘ファンは…出すんだろうなぁ~?。

まあ、実際に「寄付」をするも、しないも決めるのはあなた次第。
場の盛り上げで散々煽っておりますが、決断するのは「独立」しているあなた自身ですからね!。強制・強要するつもりも、してもいません。ご随意に。

以上、鳥取県「偽善者」代表? atm*c* でした